美ら島プロジェクト365
~ゴミ拾い365日~

子の世代、孫の世代と誇れる島でありたい

与論島は、“東洋の真珠”と呼ばれるほど 美しい海・自然がある島。

その島を、子の世代、孫の世代と永遠に誇れる島であり続けるために、池田代表をはじめとするボランティアの方々で、365日ゴミを拾い続ける「美ら島プロジェクト365」をスタート。

活動内容

「美ら島プロジェクト365」では、与論島の海岸を365日朝6時30分から1時間だけゴミを拾いをおこなっている。

海岸にあるほとんどのごみは、漂着物だが、島の生活ごみも残念ながら多いのが現状。

ゴミ拾いを通して、島の方々の意識改革をはじめ、島を大切にする気持ちを今以上にもってもらい、 美しい海・自然がある島であり続けて欲しい。

プロジェクト代表紹介

与論島で生まれ育った「誇れるふるさとネットワーク」の池田代表。

おそらく、現代社会では『ゴミ』自体は無くならない。だけど『(大掛りな)ゴミ拾い』は無くせる。

まずは今あるゴミを全て拾う(ガンバレ自分!)

そして『落ちているゴミを拾う習慣・文化』が島全体に根付けば、今みたいに「わざわざゴミ拾いを計画」しなくても、『ゴミの無い海岸・与論島』を実現することができる。必ず!

自分の孫の代には、そんな美ら島・誇れる故郷を実現します。

島内、島外をはじめたくさんの方が参加しています

「ゴミ拾い365日」プロジェクトを発足してからはじめのころは、池田代表の同級生を中心に一緒に活動を支え、その後FaceBookで近況をアップすることで、島人、観光で訪れた方々など、たくさんの人が応援・参加している。

与論町も協力

プロジェクトをスタートした当初は、集めたゴミは池田代表が家に持ち帰り、分別処分していた。

5月からは、与論町役場環境課がゴミを回収することになり活動をバックサポート。

メディア掲載・関連ブログ記事

■奄美新聞
与論で「美ら島プロジェクト365」 2014/05/31

■南海日日新聞
「拡大ゴミ拾いDAY」開催/与論島 美ら島プロジェクト365 2014/7/12


■さすらいの風来簿
浦和レッズ 加藤順大選手が・・・

■ちぬまんだい
美ら島プロジェクト365」に参加して

■☆釣れた魚は与論島☆
☆美ら島プロジェクト365~ゴミ拾い365日~の話☆


■【鹿児島県 沖永良部島 和泊町観光協会公式ホームページ】ハナシャヌ島沖永良部
気軽にゴミ拾い!

■EACフットボールクラブ
1日遅れの・・・

参加者大募集

参加者大歓迎。誰でも参加が可能です。

清掃場所・時間は、毎回異なるため詳細については、FaceBookページからご確認ください。

FaceBookページ:美ら島プロジェクト365 ~ゴミ拾い365日~

活動状況

最終更新: 2017年12月12日

FaceBookから情報をお借りしております。詳しくチェックされたい方は、下記よりアクセスください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加